制作楽屋話   ガマとの遭遇

もふもふ

あなたは、ガマの穂がほぐれる(はじける?)ところを見たことがありますか。

私はありません。(生では。)

ガマは、有る所には有るが無い所には無いのです。

いや 待てよ、有るじゃないかあそこが。

浜松市民の憩いの園、

はままつフラワーパークが!

さっそく電話で確認だ。

花「あるには ありますが・・・」

なんだか歯切れが悪い・・・?

花「雑草あつかいですけど・・・」

“制作楽屋話   ガマとの遭遇” の続きを読む

制作楽屋話   花粉と穂綿

ガマは食べられる

もう秋ですね。

秋と言えば、

ガマですね(?)

ガマガエルではなく

水辺に生える

蒲です。

ふわふわの穂綿になります。

布団のことを

蒲団と書くことが

ありますが、

昔、綿の代わりに

蒲の穂綿を入れる

ことがあったからです。

そんな穂綿に包まれたら、

弱った白うさぎも

さぞかし癒されるだろう・・・

・・・と思ったら、

なんと原文には

穂綿は出てこないのです。

“制作楽屋話   花粉と穂綿” の続きを読む

制作楽屋話  熱川ワニ

芝居をするワニ

 

絵本「因幡の白うさぎ」で

最初にワニを見に

行ったのは、「熱川バナナワニ園」でした。

 

(熱川とかいて”あたがわ”と読みます)

 

ここに、イリエワニがいるのです。

 

実は、ワニは淡水に棲む生き物です。

 

川ワニがクロコダイル

沼ワニがアリゲーター

ざっくりそんな感じです。

 

しかし、イリエワニは

“制作楽屋話  熱川ワニ” の続きを読む

制作楽屋話  言うほど描き分けられてないけど・・・つるぎ。

八百万の神と言いますが、

オオクニヌシには

八十人の兄がいます。

(やそがみといいます。)

八十とは

「たくさん」

という意味で、

 

厳密に八十人、という

わけではなく、

もっと沢山いたかも

しれませんし、

八十人よりは

少なかったかもしれません。

 

ああ、よかった。

「因幡の白うさぎ」で

八十人も描いてたら、

A5判画面から

はみ出るぞ。

“制作楽屋話  言うほど描き分けられてないけど・・・つるぎ。” の続きを読む